フィリピンツアー2011.09.23-09.26

子どもたちとの再会

9月23日~26日、私たち+one(プラスワン)の支援するフィリピンの児童養護施設、CMSPに行ってきました。 今年のツアーのテーマは「Zutto Issho Dokodemo Issho」。 CMSPの子どもたちに、「私たち+oneはこれからもずっと、どこにいても、あなたたちを想っています」ということを伝えたい、そんな想いから生まれたテーマ。

写真のCMSPの門が見えると、「ああ、今年もやってきたんだ」という想いがこみ上げてきます。 今年もたくさんの子どもたちがウェルカムセレモニーで迎えてくれました。

Photo Photo

Let's go shopping!

子どもたちの夢を叶えるDreams come true企画は昨年と同じくショッピング! バスでショッピングモールへ行き、1人500ペソ(約1000円)以内で、1つだけ好きなものを買える、という企画。

帰りのバス、子どもたちからは「Thank you!」「I'm happy!」の声。 「ただのお買いもの」かもしれないけれども、CMSPの子どもたちには、「ショッピングモールで、自分の欲しいものを買って、お菓子を食べる」ということは年に一度の幸せな時間。

Photo Photo

Many Little Artists

今年のツアー参加者のデザイナー、イラストレーター、日本画家らがお絵かき教室、うちわ作りをプロデュース! お絵かき教室は青空の下、筆と絵の具を使って自由にお絵かき。 CMSPの子どもたちはお絵かきも大好き! うちわ作りは画用紙を自由にくり抜くところからスタート。 自分でつくったオリジナルうちわを持って、はい、チーズ!

Photo Photo

Treasure Hunt

子どもたちが毎年楽しみにしている夏祭り。 今年は宝探しと組み合わせてみました。 その名もTreasure Hunt! おもちゃやお菓子の入ったカラフルなタマゴを、CMSPの中に数百個セットして、Let's hunting!

写真はそこらじゅうに散らばるタマゴを集める子どもたちと、水鉄砲で迎え撃つお邪魔キャラが入り乱れて大混乱のバスケットコート。 とっても盛り上がりました。もちろん例年通り、夏祭りの出店にも大行列が。

Photo Photo

Zutto Issho Dokodemo Issho

今年の新しい試みとして、CMSPに来られなかった日本の+oneメンバーと子どもたちとをスカイプでつなぎゲームをしました! 「腕相撲どっちが勝つか予想ゲーム」と「ジェスチャー当てゲーム」、正解した子どもたちからは歓喜の声が上がるなど、大盛り上がり! 例え離れていても私たち+oneは"Dokodemo Issho"だよ、という想いを伝えました。

最終日夜には、私たち+oneから歌と踊りを交えた劇を披露。 舞台は30年後、私たちの孫がCMSPに行く~という内容。 来年も再来年も、10年後も30年後もその先も、私たち+oneはCMSPと"Zutto Issho"だよ、という想いを伝えました。

Photo Photo

あっという間の2日間でしたが、子どもたちに沢山の想いを伝えられたツアーだったと思います。 今年はCMSPの子どもたちは130人、ツアーメンバーは38人でした。 全ての子どもとずっと手をつなぐことができるよう、来年はもっとたくさんのメンバーで行けたら良いな、と思います。

+one 2011年フィリピンツアー企画メンバー 中山隆太)