+one X'mas Party 2017 〜+one more link~2017.12.16

2017年12月16日。クリスマスまで10日に迫った土曜の夜、赤坂「Linkage-47」にて、毎年恒例の+oneプラスワン)主催クリスマスパーティーを開催しました。 今年のテーマは「+one more link」。総勢80名のゲストの皆様にたくさんの出会いが生まれるよう、楽しい仕掛けが盛りだくさんのゲームを準備しました。

パーティ当日、会場へ入ったゲストは突然、名前や年齢、職業などの“肩書き”を奪われてしまいます。奪った人の正体は「黒サンタ」。 肩書きのない世界に閉じ込められてしまったゲストは、黒サンタから肩書きを取り返すため、4つのミッションに挑戦していきます。

第1のミッションは「同じ色の同じカードで仲間になれ!」。受付と同時に配られた招待状には、それぞれ色がつけられています。 同じ色の招待状を持つ4人とグループを作り、次のミッションを受け取ります。

Photo Photo

黒サンタにかけられた魔法によって自己紹介ができないゲストたちは、どこかそわそわした様子。普段と少し違った雰囲気を感じていたようです。

次に挑戦するのは、第2のミッション「くり抜かれたパズルを完成させろ!」。先ほどもらったパズルを完成させ、8人のグループを作ります。
ミッションをクリアする前に、もうひとつやるべきことが。それはInstagramへ写真をアップすること。8人全員で“自分たちのグループらしいポーズ”を作り写真を撮って、 Instagramを通じ、外の世界にいる人に助けを求めます。

Photo Photo

そしていよいよ、最後となる第3のミッションへ。
第2ミッションをクリアした時に渡された封筒、これがヒントになるようです。8人だったグループは2組でチームを作り、合計16人で力を合わせます。
そうしてできた16人グループが会場内には6つ。各チームの手元にあるアルファベット2文字ずつをつなげて唱えると、黒サンタから肩書きが取り返せます。

その答えは「+one more link」。会場内に大きな声が響き渡ると、それまで奪われていた肩書きが、ゲストのもとに戻ってきました。 さあ、いよいよ自己紹介。会場内ではようやく「はじめまして」の声が。お互いのことはもうよく知っているのに、今ごろ挨拶をするなんて、ちょっと不思議な感覚でしょうか。 “肩書きなし”で誰かと親しくなる機会が、きっと新鮮な体験になったのではと思います。

Photo Photo

イベントを締めくくったのは、+oneの支援先であるフィリピンとカンボジアの子どもたちの笑顔あふれる映像でした。
年齢や肩書きを越えたつながりができるのが、+oneのイベントの良いところ。今回も皆様のおかげで大成功を収められたことを心より御礼申し上げます。

今後とも、+oneのイベントを宜しくお願いします。

(+one 天野宗亮)