学校へ還ろう2015 ~秋学期~2015.10.31-11.01

秋学期

私たち+oneプラスワン)が主催する大人気イベント「学校へ還ろう」。 昨年始めた秋開催は、今回で2回めを迎えました。 学校へ還ろう共通の『童心に還る』というメインテーマに加え、『秋』をサブテーマに、スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋を楽しみつくす2日間です。

魔法の世界へ

池袋を出発し、栃木にある「星降る学校くまの木」に貸し切りバスで向かいます。 バスの中では、懐かしい内容のクイズをしたり、クラスに分けられたり、お菓子を交換したりしながら過ごし、だんだんと学校の世界にタイムスリップしていきます。 着いた場所は、誰でも童心に還ることのできる魔法の学校でした。

学校へ到着すると、さっそく入学式です。ちょっと緊張しながら入場し、体育館に並べられた椅子に座ります。 校歌を斉唱したり、不思議な校長先生のお話を聞いたり、少し変わった担任の紹介を聞いたりしました。

入学式の後はクラスに分かれて学活です。 クラスメイトと改めて自己紹介をして、レクリエーションで少し仲良くなりました。

学活の次は体育の授業。本格的な最初の授業です。 少し肌寒い秋の風の下、校庭で懐かしのドロケイに本気で臨み、汗を流しました。 ところが、途中からあいにくの雨が降ってしまい、急きょ体育館の中へ。 体育館では、クラス対抗のドッヂボールをして、勝敗を競いました。

体育が終わると、翌日に文化祭が行われることが発表されました。 文化祭はクラスごとの演劇発表です。 題目は「ハリーポッターと賢者の石」! 最初は戸惑う生徒がいましたが、クラスに分かれて配役決めと練習が始まると、みんな一生懸命に取り組んでいました。

夕方となりあたりが薄暗くなり始めたころ、次の授業の調理実習へ。 屋外のバーベキュー場で、クラスに分かれ、火起こしから始まります。 炭でサンマを焼いたり、めった汁(石川県の郷土料理で、さつまいもの入った豚汁)を作ったり、なかなか沸かないお湯に悪戦苦闘しながらも、みんなで作ってみんなで食べた食事は格別のものでした。 さらに、今回はピザ釜を使ってピザを焼く体験もできました。 自分たちでトッピングしたピザを、スタッフと一緒に自分たちで焼き、アツアツのピザを食べました。 最後は、クラス自慢のめった汁で料理対決! 審査員の先生からの優勝の発表はドキドキもので、似たような素材で、同じレシピで作っているのに、クラスごとに全然味が違うことに驚かされました。

最後の授業は道徳。 1日一緒に過ごしたクラスメイトのいいところについて、たき火を囲んで語り合いました。 たった1日でも、よく見られていることに驚き、他人に言われることで新しい自分に気づく時間になりました。

Photo Photo Photo Photo Photo Photo

2日目はいよいよ文化祭本番! 朝の散歩では、学校の近くの河原まで歩き、文化祭で使えそうな小道具の材料を探しました。 朝食の後は文化祭の練習を再開。 前日に決めた配役のセリフを、夜のうちに全部覚えてきている生徒もいて、各クラスの練習に熱が入ります。

練習のかいあって、クライマックスの文化祭本番は、どのクラスもすばらしい演技! 一人ひとりが自分の役割を果たし、キャストだけでなく、演出係や音響係もクラス一丸となって舞台を作っていました。 最後はクラス優勝、最優秀男/女優賞の発表で一喜一憂し、感動で涙するクラスも見られました。

昼食を取った後は、卒業式。 たった2日間とは思えないくらいの充実度した時間を思い返し、校長先生から卒業証書を授与されました。 卒業証書には、担任の先生から生徒一人ひとりに成績とコメントが書かれていて、体育館は温かい空気で満たされていました。

卒業式を終え、帰路に着く前に、最後の学活。 担任の先生から生徒一人ひとりにあらためて言葉のプレゼント。 さらに、クラスで順番にこの時の気持ちを語り合い、たくさんの感動の涙がありました。

たくさんの笑いあり、涙ありの、温かい2日間はこうして幕を閉じました。

Photo Photo Photo Photo

(+one 吉村 慎一)