学校へ還ろう2015 ~逢いに来い!素敵な仲間と素直な自分~2015.07.11-12

2015年7月11日から12日にかけて、私たち+one(プラスワン)は毎年恒例のイベント『学校へ還ろう』を、栃木県にある廃校をリノベーションした施設星ふる学校「くまの木」で開催しました。

7回目となる今回は、「逢いに来い!素敵な仲間と素直な自分」をテーマに
私たちを含めた参加者同士が新たな出逢いや素直な自分と向き合えるような企画を
作りこんできました。

1日目は朝、池袋に集合し、バスでくまの木を目指します。
バスの中では「いつどこで誰が何をしたゲーム」を行いました。
そこで考えられたセリフが、入学式で発表する「宣誓の言葉」になるというものです。
参加者それぞれの胸に不思議な期待と不安が交差する中、バスが到着すると早速入学式です。

今回のテーマカラー、「白」のシャツを着た職員が生徒をお出迎え。
バスで練習した「宣誓の言葉」を発表し、校歌、職員の紹介を経て、無事入学。

入学式が終わるといよいよ、クラスごとに分かれて授業を行います。

1時間目は学活。
担任の先生について、教室へ。自己紹介やクラスの係を決めます。
学校生活の始まりに胸が高鳴りました。

2時間目は体育の授業。
最初は懐かしの鬼ごっこ。
玉入れでは逃げ回るかごを追いかけ全力で校庭を駆け回り、
最後の大縄ではクラス一丸となって競いあい、クラスの団結力が一気に高まりました。

3時間目は音楽です。
今回の課題曲は「旅立ちの日に」。
翌日の合唱コンクールに向け、先生の指導のもと、パート別練習を経て男女合同での練習。
懐かしのメロディが校舎内にこだましました。

そしてお待ちかねの給食です。
今回のメニューはみんな大好きカレーライス。
給食のお姉さんへの「おかわり」の注文がとまりませんでした。

お腹いっぱいになったら、次は道徳。
懐かしの作文用紙に自分たちの「夢」を綴ります。
この1日を通して真っ白になった自分の「夢」、素敵な仲間と出逢って感じた「夢」。
それぞれの「夢」が言葉となって表現されました。

ひと通りの授業が終わり、暗くなったら放課後です。
キャンプファイヤーを囲んでダンスを踊ります。
そして、真っ暗になった校舎で肝試しや、少し大人に戻ってお酒を飲んでみんなで盛り上がりました。

Photo Photo Photo Photo

2日目の朝、ラジオ体操で目を覚まし、おいしい朝食を楽しんだ後、
最初の授業は合唱コンクールに向けた音楽練習。
前日に高まったクラスの団結力により、歌声にはさらに磨きがかかります。
そして、合唱コンクールではいよいよ成果のお披露目。

結果はなんと昨年に続く同点。急遽決選投票で勝敗がつきましたが、プラワン学校史に
残る熱戦となりました。
悔しいという声や流した涙が2日間の真剣さを物語っていました。

続いての授業は制作。
クラスごとに文字を決め、模造紙に手で書きました。
今年はアルバムを作るため、その写真撮影も。
クラスの色が出た1文字。そして個性が出た写真撮影。

制作が終わると卒業式のリハーサルです。
2日間で学んだこと、感じたことを復唱する文章を考えました。

そして、昼食を食べて、学活を終えたらいよいよ卒業式です。
笑いあり、涙ありの卒業式。卒業証書を受け取り、最後に記念撮影をして、
みんなでめでたく卒業。

制作が終わると卒業式のリハーサルです。
2日間で学んだこと、感じたことを復唱する文章を考えました。

1人1人が日常とはちょっと違った空間で出会った仲間と過ごした2日間。
たくさんの「ありがとう」をいただき、私たち+oneのメンバーも改めて、
素敵な方々にお会いできたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

(+one 大海原 夢希)

Photo Photo