夢が叶ったPARACUP2015大会2015.04.05

4月5日(日)に多摩川の河川敷で、毎年恒例となっているチャリティマラソン大会「PARACUP2015~世界の子供たちに贈るRUN~」に共催団体として参加いたしました。

PARACUPは一般社団法人PARACUP主催のもと、さまざまな団体が共同で開催される大会で今年で11回目となりました。

Photo Photo

大会当日は朝から雨が降ったりやんだりで、不安定な天候でした。
大会開始時は曇りがかっていた空も、次第にまた雨が降り始めてしまいました。

今年の+one(プラスワン)の活動場所は主にメイン会場で行われ、大会の全体像を肌で感じることができました。 また、共催団体ブースでの出展も行いました。 メイン会場では共催団体ブースのほかにもリラクゼーションや飲食の出展等さまざまなイベントでにぎわいました。

Photo Photo

今年も多くの方にご参加頂いたPARACUP2015ですが、11回目の大会は大きな夢が叶った大会となりました。 なんと、+oneが支援しているフィリピンの児童養護施設「CMSP」の卒業生がPARACUPの当日、大会運営に参加してくれました。
彼女らもPARACUPの醍醐味であるハイタッチや応援に参加して、ボランティアの方やランナーの方と感動を分かち合うことができました。 PARACUPの設立当初にいつか、彼ら彼女らが日本に来てくれるように支援を続けていきたいと思っていました。 私たちの夢も叶えることが出来た瞬間でした。

Photo Photo

支援していた子どもたちがPARACUPの影響を受け進学し、今度は一緒に大会を作る側になり想いを伝えてくれる。そんな素晴らしい大会となった今大会。

今後も多くの方々と一緒により彼ら彼女らの夢の実現の手助けをしていきたいと思います。

(+one 大海原 夢希)