パラカップ共催2011.04.10

PARACUP2011 特別大会を共催しました!

4月10日(日)に「PARACUP~世界の子どもたちに贈るRUN」を共催しました!PARACUPは、一般社団法人PARACUPと複数のNGO、NPO、チャリティー団体により運営されているチャリティーマラソン大会で、05年の第1回大会から数えて今年が7回目。+one(プラスワン)は大会初期の頃から、関わっています。例年、大会収益から経費を除いた金額を、主催・共催団体を通じて世界の子どもたちに贈っているのですが、今年は3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受けて、被災地支援を盛り込んだ「特別大会」として開催しました。(会場内に復興支援の募金箱を設置したり、被災地の復興を祈念したチャリティーウォークなどを同時開催したりしました)

この日のランナーは約4100人。そして、大会運営を約500人のボランティアスタッフが支えました。+oneを介してエントリーしたランナーは約70人。ボランティアスタッフも40人以上を数えました。

Photo Photo

飲食ブース、マッサージなどのリラクゼーションブース、主催・共催各団体によるチャリティーブースと、昨年に比べてブース数が大幅に増加。本年度からの新たな試みとして取り入れた「仮装RUN」により、思い思いの仮装をしたランナーが会場内を華やかに彩り、例年以上の盛り上がりを見せました。

PARACUPの名物が「ニックネームラン」と「ハイタッチ」。ランナーもボランティアスタッフも、胸に自らのニックネームを書いて大会に参加するのです。ボランティアスタッフは「○○さん頑張って!」とランナーのニックネームを呼びながら、パチッとランナーとハイタッチを交わしつつ応援。誰かを応援することの楽しさ、応援されることの温かさを感じられる大会です。今年も大会コンセプトの一つでもある「喜ばれる喜び」をかみしめながら、大会を終えました。

Photo Photo

私たちが支援するフィリピン・カンボジアの子どもたちとの間にも、PARACUPのランナーとボランティアスタッフのような温かな関係を築いていけたらと心の底から思っております。PARACUPは来年以降も開催いたします。機会がございましたら、ぜひともご参加ください。

(+one 田中美和)