バック・トゥ・ザ・スクールデイズ2010.07.17-18

~いくつになっても、夢はあきらめちゃいけねぇぜ!!~

7月17日~18日にNPO法人かものはしプロジェクトとのチャリティーコラボイベントで約100人で1泊2日の学校キャンプを開催しました!

場所は『篠原の里』という神奈川県にある廃校リノベーション施設。 『童心に還り、もう一度自分たちの夢を見つめ直してみよう!』というコンセプトのもと、始まったバック・トゥ・ザ・スクールデイズ……

1日目は新宿をバスで出発し、『かもわん小学校』に到着。 入学式の後は、2クラスに分かれて体育、音楽、道徳の授業をしました。 体育の授業ではチーム対抗のドッヂボールと2人3脚。 音楽の授業では各クラスでの合唱練習。 全力で走り、必死になって歌う。 みんなで気持ちと息を合わせた素敵な時間でした。

夜は道徳の授業。 夜の小さな小さな山あいの小学校の運動場に、ほのかに灯された光…… そう、キャンドルを一面に置き、まるで星空のようです。 あたたかな光の下、私たちは今の夢を語り合いました。 忙しい日々の中で忘れかけていた夢、なりたかった夢、自分の夢ってそういえば何だろう…… いろいろな気持ちをみんなで語り合いました。 それぞれの夢を短冊に書き残し、とても幻想的な夜になりました。

2日目の卒業制作の時間では、各班でこの2日間を振り返っての気持ちや班員への思いなどを1枚の紙に自由にまとめました。 写真や折り紙などを利用して班ごとに個性が出た卒業制作はみんなの心の思い出の1ページに刻まれた時間でもあったと思います。

あっという間の2日間、とうとう卒業式です。 合唱コンクールでは、音楽の授業で練習した曲を披露しました。 学校全体に響きわたる歌声はとても感動的! 卒業式で上映した映像では、フィリピン・カンボジアの子どもたちの夢も紹介。 こうやって私たちが夢を描き日々を楽しく生きることが、フィピリン・カンボジアの子どもたちの夢につながっている、私たちの夢と子どもたちの夢がリンクした瞬間でした。

このイベントでは、みんなが童心に還り、今の自分たちの心の奥に眠っている夢を掘り起こせた、楽しさと感動の2日間でした!

初対面の人同士が、このイベントをきっかけに知り合い、無邪気に体を動かしたり歌を歌ったりして時間を忘れ、それぞれの夢をもう一度見つめ直す。 そのような人生の中の大切な瞬間に100人で童心に還り学校キャンプをできたことを大変嬉しく思います。

また、参加された皆様に深く感謝いたします。 本当にありがとうございました。

(+one 森内陽子)

Photo Photo Photo Photo Photo Photo