団体概要

私たち+one(プラスワン)は、20~40代のメンバー約100人から成るチャリティー団体です。 年間を通じて、国内でさまざまなチャリティーイベントを行っています。 イベントの収益から経費を除く金額を、フィリピン・マニラ市郊外の児童養護施設「CMSP」や、カンボジア・シェムリアップ市内の孤児院「クルサー・リッリエイ」に寄付し、経済的にサポートしています。 また、毎年、子どもたちに会いに行くツアーも行っており、互いに交流することで、精神的なサポートもしています。 (旅費は各自、自己負担)

+one(プラスワン)概要

団体名 +one(プラスワン)
設立 2003年(平成15年)5月
※前身のCLUB ONENESS(クラブ・ワンネス)から2008年5月改称
代表 尾野勝 (オノマサル)
副代表 田中郁江 (タナカイクエ)
山口祐依 (ヤマグチユイ)
メンバー数 約100人
2013年度
寄付実績
フィリピンの児童養護施設「CMSP」に対する寄付/ドリームズ・カム・トゥルー企画の実施=約250万円
カンボジアの孤児院「クルサー・リッリエイ」に対する寄付/ドリームズ・カム・トゥルー企画の実施=約168万円
→ 詳細は、海外での活動をご覧ください。
団体URL http://plus1project.net
代表連絡先 お問い合わせページへ

活動理念

私たち+one(プラスワン)は「誰かのために何かをすること」が人を豊かにすると考えます。 大切な人へのプレゼントを考えるのを楽しむように、自然にチャリティー活動を楽しむ。 こうしたチャリティー活動を通じて、人と人が新たにつながり、人生が輝きだす―― そんなサイクルを社会にたくさん創造することが、私たちの使命と考えます。

活動内容

1) 国内での活動

支援先をサポートする寄付金を得るために、年間を通じて大小さまざまなチャリティーイベントを行っています。 各イベントの収益から経費を除く全額を、寄付の原資としています。 また、サポータープログラムを通じて個人の方からも寄付を募っています。

2) 海外での活動

フィリピンの児童養護施設「CMSP」への継続的サポート
マニラ市近郊カビーテ州にある児童養護施設「CMSP」に対し、チャリティー資金を集め、2000年から生活費、学費、施設費などをサポートしています。 また、児童養護施設を訪問する現地ツアーを毎年行い、一緒に時間を過ごし、 子どもたちの「夢」をかなえるドリームズ・カム・トゥルー企画などを通して、精神的にサポートしています。
カンボジアの孤児院「クルサー・リッリエイ」への継続的サポート
カンボジア・シェムリアップ市にある孤児院「クルサー・リッリエイ」に対し、チャリティー資金を集め、 2005年から生活費、学費、施設費などをサポートしています。 また、孤児院を訪問する現地ツアーを毎年行い、一緒に時間を過ごし、 子どもたちの「夢」をかなえるドリームズ・カム・トゥルー企画などを通して、精神的にサポートしています。
カンボジア全土を対象とした井戸建設
現在、新たな井戸の建設は一時的に停止しており、過去に建設した井戸の保守メンテナンスのみ行っています。

団体沿革

2000年
前団体(CLUB ONENESS)は、英語を学ぶ大学生のサークルとして発足。 英語を公用語とするフィリピンにおいて、「CMSP(Christian Mission Service in Philippines)」が運営するマニラ市郊外にある児童養護施設をサポートし始める。
2005年
カンボジア、シェムリアップ市にある孤児院「クルサー・リッリエイ」をサポートし始める。 カンボジア全土を対象とした井戸建設プロジェクトをスタート。
2008年5月
前団体の有志により2008年5月設立。